肌 ターンオーバー 促進 食事

Lily

お肌のターンオーバーを促進する食事!ベストな肌状態で脱毛しよう

最終更新日:2019/10/10


お金も時間も使って脱毛に通うなら、最大限の効果を期待したいですよね!

脱毛ってサロンやクリニックの実力に加えて、お肌の状態が良いかどうかで結果が大きく変わります。

乾燥肌や敏感肌、肌が荒れた状態だと、脱毛に効果的な高温で照射ができなくなるため、脱毛効果が落ちるからです。

脱毛効果が最も高くなる肌はどんな肌?


脱毛効果を最大限発揮できる、ベストな肌状態を保つには、以下の3点を守ることが特に重要です。

  1. 保湿をまめに行う(手持ちのローションやクリームでOK)
  2. 日焼をしない
  3. カミソリ、毛抜きを使わない

要は、水分量のあるぷるぷる肌で、荒れていない日焼けもしていない肌が最高、ということです。

でも、若いならまだしも年齢を重ねていくと、外からの保湿や日焼け止めくらいじゃ、なかなか肌の状態は良くならないですよね?

そんな時は、食事で肌のターンオーバーを促してあげることをおすすめします。

肌のターンオーバーを促すとなぜ脱毛効果が出やすくなるの?

お肌のターンオーバーを促進する食事!ベストな肌状態で脱毛しよう


肌は28日周期で古い角質が剥がれ、新しいものに生まれ変わっています。

このサイクルこそがターンオーバーであり、年齢を重ねるごとに代謝が低下して周期が遅くなっていきます。

古い角質や皮脂などが滞ったままだと肌荒れの原因になり、角質が厚くなれば毛根までしっかりレーザーやフラッシュ(光)が届かなくなる原因にもなります。

遅れている肌のターンオーバーを促してあげる事で、古い角質や皮脂が剥がれやすくなり、脱毛効果の出やすい肌へと生まれ変わる、というわけです。

肌のターンオーバーを促すおすすめの栄養素!

ビタミンA

紫外線などでダメージを受けた皮膚の修復をサポートします。かぼちゃやホウレンソウなどの緑黄色野菜に豊富に含まれています。

ビタミンB群(B1、B2、B6)

皮膚や粘膜の発育を促進します。豆腐や納豆などの大豆製品や卵、牛乳やヨーグルトなどの乳製品に豊富に含まれています。

ビタミンC

コラーゲンの生成を手助けしてターンオーバーを促す作用が期待できます。イチゴやグレープフルーツなどの柑橘類に多く含まれる栄養素ですが、空気に触れると壊れやすく吸収率が低い特性があります。亜鉛はビタミンCの吸収をサポートする作用があるので、できるだけ2つを同時に摂取しましょう。

ビタミンE

血行を促進して肌に必要な酸素や栄養を送りターンオーバーをサポートします。アーモンドなどのナッツ類やうなぎなどに多く含まれています。

亜鉛

皮膚のターンオーバーを促進します。牡蠣や豚レバーなどに豊富に含まれている栄養素です。

セラミド

肌のうるおいを保ち紫外線などのダメージから肌を守るサポートをしてくれます。

米ぬかや大豆、小麦などに含まれていますが、特にこんにゃく芋は小麦の16倍近くものセラミド含有量を誇っています。こんにゃくは低カロリーで噛みごたえもあるので、ダイエットにも役立つ食材ですよ。

肌のターンオーバーを促す栄養素簡単まとめ
  • ビタミンA…皮膚の修復をサポートする
  • ビタミンB群(B1、B2、B6)…皮膚や粘膜の発育を促進する
  • ビタミンC…コラーゲンの生成を手助けしてターンオーバーを促す
  • ビタミンE…血行を促進して肌に必要な酸素や栄養を送りターンオーバーをサポート
  • 亜鉛…皮膚のターンオーバーを促進する

もし、毎日野菜やフルーツなどから栄養素をバランスよく摂取するのはむずかしい場合、ビタミン類や亜鉛はマルチビタミンなどサプリメントを活用する方法もあります。

お肌のターンオーバーを促進する食事!ベストな肌状態で脱毛しよう

脱毛なのに食事に気を使うなんて面倒・・・と思うかもしれません。でも、お肌の水分量が少なかったり、肌が荒れていたりすると、脱毛効果が落ちますし痛みも強くなります。

脱毛を施術してもらってから、「あ〜もっと脱毛効果を出すためにお肌を気にかければよかった」、と後悔しないためにも、特にお肌が弱い人、乾燥しがちな人には、食事も気を使うことをおすすめします。